梅田法律事務所|弁護士 大亀将生 > 離婚 > 弁護士に離婚の相談するメリット

弁護士に離婚の相談するメリット

「妻が不倫していることが分かった。離婚したいと思っているが、どのようにすすめたらよいのか分からない。」
「夫のモラハラがひどいため離婚したいが、弁護士に相談するには費用や効果が気がかりだ。」
このように離婚のご検討をされていられる方で、弁護士へ相談すること自体についてお悩みの方も少なくありません。
このページでは、離婚にまつわるさまざまなトラブルのなかでも、弁護士に離婚の相談をするメリットについてスポットライトをあてて、くわしくご説明してまいりたいと思います。

 

■弁護士に相談するメリット
弁護士は、弁護士法という法律によって認められている国家資格です。
法律に関する業務を幅広く扱うことができ、代理人として訴訟や交渉を行うことが認められています。
いわば、弁護士は法律と交渉に関するプロフェッショナルなのです。
では、弁護士に離婚問題について相談するメリットとは、どういったものがあるでしょうか。
ここでは離婚の種類に分けて、弁護士に相談するメリットについてみていきましょう。

 

■協議離婚について弁護士に相談するメリット
協議離婚とは、夫婦が当事者同士の話し合いで離婚すること自体やその条件について合意し、離婚を成立させる離婚の方法をさします。
協議離婚では、夫婦だけで離婚に向けた話し合いをすすめてしまいがちです。
しかしながら、そうしたケースでは、話し合って決めておくべき事項を見落としていたがために、後々トラブルとなることも少なくありません。
後々のトラブルを防ぐためにも、協議離婚の内容について弁護士からアドバイスを受けることで、適切な話し合いをすすめることができます。
また、協議離婚では、協議で決まった内容を離婚協議書にすることが多くありますが、離婚協議書の内容を確認してもらうこともできるので最後まで安心です。

 

■調停離婚について弁護士に相談するメリット
調停離婚とは、調停委員会が夫婦の間に入る離婚調停をすすめ、当事者同士が離婚について合意し成立させる離婚の方法をさします。
離婚調停を申し立てるようなケースでは、離婚についての協議が平行線に終わってしまうほど、当事者同士の意見の対立があることが多くあります。
そのため、調停員に対して自身の主張をしっかりと受け入れてもらえるよう、説得力を持たせる必要があります。
離婚という問題について知識を持つ弁護士のサポートを得ることで、離婚調停を有利にすすめることができるといえます。

 

■裁判離婚について弁護士に相談するメリット
裁判離婚は、家庭裁判所の判決により離婚する方法ですが、その離婚訴訟を起こすハードルは決して低くありません。
離婚訴訟を起こすためには少なくとも一度離婚調停を経ている必要があり、法律に定められた離婚の原因に当てはまっている必要があるのです。
離婚裁判は、証拠の提出や文書での主張など、一般の方が一人で行うことは非常に難しいものです。
そのため、弁護士への依頼が必要不可欠になります。
離婚が認められる原因や裁判離婚については別のページでもくわしく解説しておりますので、ぜひそちらもご覧下さい。

 

こうしてみてきたように、どういった場面であれ依頼者のために知識と能力を最大限に生かすのが弁護士なのです。
梅田法律事務所は、大阪府を中心に、兵庫、京都、滋賀、岡山といった地域で皆様の法律問題のご相談を承っております。
離婚にまつわるご相談は当事務所までお気軽にご連絡ください。
法律と交渉のプロフェッショナルである弁護士が責任をもって皆様の問題の解決に当たらせていただきます。

Basic Knowledge当事務所の基礎知識

Lawyer Introduction弁護士紹介

大亀将生弁護士の写真

大亀 将生ŌKAME MASAKI

【大阪弁護士会(登録番号 43461)】

当ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

相続問題、離婚や交通事故などの個人のお悩みから、企業法務のご相談、トラブル解決、労働問題まで、ネットワークを生かした総合サポートの梅田法律事務所に所属する弁護士です。

経歴
  • 岡山県瀬戸内市生まれ
  • 岡山白陵中学校卒業
  • 岡山白陵高等学校卒業
  • 東京大学工学部システム創成学科卒業
  • 慶応義塾大学大学院法務研究科修了
  • 弁護士法人川原総合法律事務所入所
  • 梅田法律事務所入所(パートナー弁護士として)

Office Overview事務所概要

名称 梅田法律事務所 弁護士 大亀 将生(おおかめ まさき)
所属団体 大阪弁護士会(登録番号 43461)
所在地 〒541-0043 大阪府大阪市中央区高麗橋4-5-13 淀屋橋サテライトビル8階802号室
電話番号 / FAX番号 TEL:06-4708-4780 / FAX:06-6202-5501
対応時間

平日:9:00~19:00 ※事前予約で夜間も対応致します。

定休日

土・日・祝 ※事前予約で対応致します。

事務所外観