蒼星法律事務所 > 労働問題

労働問題に関する基礎知識や事例

働く上で、誰もが直面する可能性のある「労働問題」。
被害の改善を訴えても、なかなか上司や会社に相手にしてもらえないケースや、かえって労働環境が悪くなってしまうケースが後を断ちません。
特に多くご相談をお寄せいただく労働問題は、以下のようなものが挙げられます。

1.解雇をめぐるトラブル
労働問題の中で、最も深刻なものの一つが「解雇」をめぐる問題です。
会社は、従業員を正当な理由なしに解雇することができないと定められています。
また、労働基準法では、解雇を行う場合、少なくとも30日前に解雇予告をしなければならないと決められています。
加えて万が一、解雇予告期間が30日に満たない場合には、会社は30日に不足する日数分の解雇予告手当を支払う必要があります。
もし解雇されてしまった場合には、上記のような事項に当てはまらないかどうか、慎重に検討することが重要です。

2.残業代、給料の未払いや支払いの遅延をめぐるトラブル
本来は残業代を支払わなければならない立場にあるのに、実際には支払わない会社も少なくないのが実情です。
また、正当な給料を支払わないケースや、不当に給料が天引きされるケースも存在しています。
残業代請求などには時効があるため、問題を把握した場合、すぐに法的な行動に移る必要があります。

3.ハラスメントをめぐる問題
職場におけるパワハラやモラハラ、セクハラなどの被害の実例は非常に多く、今なお多くの方が被害に苦しんでいる現実があります。
ハラスメント被害に遭っている場合、お一人でお悩みを抱え込んでしまうことは、なんの解決ももたらしません。むしろ放っておくと被害がさらに深刻化する可能性や、ご自身の心身に負担をもたらしてしまい、最終的に働けなくなってしまう可能性もあります。
ハラスメントの被害者が泣き寝入りする必要は全くありません。
少しでも早く安心して毎日を過ごしていただくためにも、できるだけ早い段階でご相談をお寄せください。

この他にも、様々な労働問題が昼夜を問わず発生しています。
労働環境や同僚、会社に関するお悩みは、当職までお気軽にご相談ください。

弁護士大亀将生(梅田法律事務所)は、お悩みをお持ちの方に対し、「迅速」「丁寧」「親身」に向き合い、問題の解決を目指します。
労働問題や離婚、刑事事件、債務整理、相続、不動産、詐欺、企業法務など、多種多様な法律問題の解決に自信と実績があります。
初回のご相談は無料で承っております。また事前のご予約で、休日・時間外もご相談にお応え可能です。
労働問題をはじめとして、法律トラブルにお困りの方は、当職までお気軽にご相談ください。

Basic Knowledge当事務所の基礎知識

Lawyer Introduction弁護士紹介

大亀将生弁護士の写真

大亀 将生ŌKAME MASAKI

【大阪弁護士会(登録番号 43461)】

当ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

相続問題、離婚や交通事故などの個人のお悩みから、企業法務のご相談、トラブル解決、労働問題まで、ネットワークを生かした総合サポートの蒼星法律事務所に所属する弁護士です。

経歴
  • 岡山県瀬戸内市出身
  • 岡山白陵高等学校 卒業
  • 東京大学理科Ⅰ類 入学
  • 東京大学工学部システム創成学科 卒業
  • 慶應義塾大学法科大学院 入学
  • 慶應義塾大学法科大学院 修了(法務博士)
  • 弁護士法人川原総合法律事務所 入所
  • 弁護士法人川原総合法律事務所 退所
  • 梅田法律事務所 入所(パートナー弁護士として経営に参画)
  • 梅田法律事務所 退所
  • 蒼星法律事務所 開設

Office Overview事務所概要

名称 蒼星法律事務所
所属団体 大阪弁護士会(登録番号 43461)
所在地 〒541-0041
大阪市中央区北浜2丁目6番26号 大阪グリーンビルディング8階
電話番号 050-3173-8328
対応時間

平日:9:00~19:00 ※事前予約で夜間も対応致します。

定休日

土・日・祝 ※事前予約で対応致します。

事務所外観