蒼星法律事務所 > 離婚に関するキーワード > 離婚調停 離婚できない

離婚調停 離婚できない

  • 弁護士に離婚の相談するメリット

    調停離婚とは、調停委員会が夫婦の間に入る離婚調停をすすめ、当事者同士が離婚について合意し成立させる離婚の方法をさします。離婚調停を申し立てるようなケースでは、離婚についての協議が平行線に終わってしまうほど、当事者同士の意見の対立があることが多くあります。そのため、調停員に対して自身の主張をしっかりと受け入れてもら...

  • 養育費の基準と期間について

    協議離婚では、養育費の負担額について夫婦で合意することで自由に決めることができますが、離婚調停や離婚裁判の場合には養育費算定表が一つの基準となるのです。 ■養育費を支払う期間養育費はいつまで支払うべきなのでしょうか。一般的には、子どもが成人するまで養育費の負担義務が発生すると考えられています。しかし、現在は大学な...

  • 離婚裁判とは

    離婚訴訟を起こすための条件としてまず挙げられるのは、少なくとも一度離婚調停を経ている必要があるということです。調停委員会をはさんだ離婚調停で交渉したにもかかわらず、離婚調停が不成立、不調に終わっていてはじめて、離婚裁判に移ることができるのです。 また、離婚訴訟を起こす際には、離婚の理由が必要となり、これは法律で決...

  • 婚姻費用分担請求について

    婚姻費用分担請求は、協議離婚はもちろん、離婚調停や離婚裁判でもすることができます。しばしば論点となるため、別居中の生活費についても意識することが大切です。 弁護士 大亀将生は大阪市中央区を中心に大阪府で広く活動しており、お悩みをお持ちの方に対し「迅速」「丁寧」「親身」に向き合い、トラブルの解決を目...

  • 離婚調停の進め方

    このページでは、離婚にまつわるさまざまなトラブルのなかでも、離婚調停の進め方についてスポットライトをあてて、くわしくご説明してまいりたいと思います。 ■離婚調停とはそもそも離婚調停がどういった制度なのか、整理しましょう。離婚調停とは、家庭裁判所で行われる離婚にむけた話し合いの場です。話し合いの場とはいえども、話し...

  • 離婚の種類

    調停離婚とは、家庭裁判所で行われる離婚調停で協議をすすめ、離婚について合意し、成立させる離婚の方法をさします。離婚調停では夫婦の間に調停委員会が入ることで、冷静に自身の主張を伝え、客観的な意見を聞くことができます。相手と顔を合わせることも基本的にはないため、相手からDV(家庭内暴力)を受けている方やモラハラの被害...

Basic Knowledge当事務所の基礎知識

Lawyer Introduction弁護士紹介

大亀将生弁護士の写真

大亀 将生ŌKAME MASAKI

【大阪弁護士会(登録番号 43461)】

当ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

相続問題、離婚や交通事故などの個人のお悩みから、企業法務のご相談、トラブル解決、労働問題まで、ネットワークを生かした総合サポートの蒼星法律事務所に所属する弁護士です。

経歴
  • 岡山県瀬戸内市出身
  • 岡山白陵高等学校 卒業
  • 東京大学理科Ⅰ類 入学
  • 東京大学工学部システム創成学科 卒業
  • 慶應義塾大学法科大学院 入学
  • 慶應義塾大学法科大学院 修了(法務博士)
  • 弁護士法人川原総合法律事務所 入所
  • 弁護士法人川原総合法律事務所 退所
  • 梅田法律事務所 入所(パートナー弁護士として経営に参画)
  • 梅田法律事務所 退所
  • 蒼星法律事務所 開設

Office Overview事務所概要

名称 蒼星法律事務所
所属団体 大阪弁護士会(登録番号 43461)
所在地 〒541-0041
大阪市中央区北浜2丁目6番26号 大阪グリーンビルディング8階
電話番号 050-3173-8328
対応時間

平日:9:00~19:00 ※事前予約で夜間も対応致します。

定休日

土・日・祝 ※事前予約で対応致します。

事務所外観