家庭裁判所 養育費

  • 弁護士に離婚の相談するメリット

    裁判離婚は、家庭裁判所の判決により離婚する方法ですが、その離婚訴訟を起こすハードルは決して低くありません。離婚訴訟を起こすためには少なくとも一度離婚調停を経ている必要があり、法律に定められた離婚の原因に当てはまっている必要があるのです。離婚裁判は、証拠の提出や文書での主張など、一般の方が一人で行うことは非常に難し...

  • 養育費の基準と期間について

    「子どもがいるなかで離婚を検討しているが、養育費の金額で意見が対立している。子どもの将来に関わるため不安だ。「離婚相手が親権者となった場合には、こちらが養育費を払うことになると思うが、経済的に厳しく不安だ。子どもがいる夫婦が離婚を検討する際には、このように子どもの養育費についてお悩みの方が数多くいらっしゃいます。...

  • 離婚裁判とは

    離婚裁判とは、家庭裁判所で行われる裁判の一種で、離婚すること自体や離婚の条件について判決により決める裁判をさします。離婚の条件としてしばしば争点となるのは、不貞行為すなわち不倫の慰謝料の金額や、財産分与の金額について、また、親権争いなど子どもについて問題となるケースもあります。離婚裁判のメリットは、判決として法的...

  • 離婚調停の進め方

    離婚調停とは、家庭裁判所で行われる離婚にむけた話し合いの場です。話し合いの場とはいえども、話しをするのは夫婦同士ではなく、調停委員会と呼ばれる組織と夫・妻のそれぞれが話し合います。この調停委員会の存在が、離婚調停のもっとも大きな特徴といってもいいでしょう。離婚調停は夫婦での離婚についての協議が行き詰った際に、第三...

  • 離婚の種類

    調停離婚とは、家庭裁判所で行われる離婚調停で協議をすすめ、離婚について合意し、成立させる離婚の方法をさします。離婚調停では夫婦の間に調停委員会が入ることで、冷静に自身の主張を伝え、客観的な意見を聞くことができます。相手と顔を合わせることも基本的にはないため、相手からDV(家庭内暴力)を受けている方やモラハラの被害...

Basic Knowledge当事務所の基礎知識

Lawyer Introduction弁護士紹介

大亀将生弁護士の写真

大亀 将生ŌKAME MASAKI

【大阪弁護士会(登録番号 43461)】

当ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

相続問題、離婚や交通事故などの個人のお悩みから、企業法務のご相談、トラブル解決、労働問題まで、ネットワークを生かした総合サポートの梅田法律事務所に所属する弁護士です。

経歴
  • 岡山県瀬戸内市生まれ
  • 岡山白陵中学校卒業
  • 岡山白陵高等学校卒業
  • 東京大学工学部システム創成学科卒業
  • 慶応義塾大学大学院法務研究科修了
  • 弁護士法人川原総合法律事務所入所
  • 梅田法律事務所入所(パートナー弁護士として)

Office Overview事務所概要

名称 梅田法律事務所 弁護士 大亀 将生(おおかめ まさき)
所属団体 大阪弁護士会(登録番号 43461)
所在地 〒541-0043 大阪府大阪市中央区高麗橋4-5-13 淀屋橋サテライトビル8階802号室
電話番号 / FAX番号 TEL:06-4708-4780 / FAX:06-6202-5501
対応時間

平日:9:00~19:00 ※事前予約で夜間も対応致します。

定休日

土・日・祝 ※事前予約で対応致します。

事務所外観