婚姻 関係 破綻 不貞

  • 不倫の慰謝料

    一般的に不倫は、結婚しているにもかかわらず、配偶者以外の異性と性的な関係を持つことをさします。法的には、こうした行為を不貞行為と呼んでいます。しかし、必ずしも不倫が不貞行為に該当するとは限らないかもしれません。こういいますのも、不貞行為は配偶者以外の人との性的な関係をさしており、性的な関係を持たないある種プラトニ...

  • 離婚裁判とは

    離婚の条件としてしばしば争点となるのは、不貞行為すなわち不倫の慰謝料の金額や、財産分与の金額について、また、親権争いなど子どもについて問題となるケースもあります。離婚裁判のメリットは、判決として法的な効力がある結論がでるため、最終的な決着をつけることができるということです。一方で、離婚裁判には、費用や期間が増大す...

  • 婚姻費用分担請求について

    このページでは、離婚にまつわるさまざまなトラブルのなかでも、婚姻費用分担請求についてスポットライトをあてて、くわしくご説明してまいりたいと思います。 ■婚姻費用とはそもそも婚姻費用がどういったお金なのか整理しておきましょう。結婚している間、夫婦はお互いに助けあう義務があります。これは法的には夫婦の協力扶助義務と呼...

  • 離婚調停の進め方

    論点は、慰謝料や財産分与、調停中を含めた生活費である婚姻費用分担請求、子どもの親権、養育費、面会交流なお、離婚調停が不成立となった場合には、再度離婚調停を行うか、離婚裁判を起こすといった方法が検討されます。離婚調停を経ずに離婚訴訟を起こすことはできないので注意しましょう。 ■離婚調停の進め方では本題の離婚調停の進...

  • 離婚が認められる理由とは

    一:配偶者に不貞な行為があったとき。二:配偶者から悪意で遺棄されたとき。三:配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。四:配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。五:その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。 2.裁判所は、前項第一号から第四号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮し...

  • 相続問題

    例えば、亡くなった友人から財産をすべて譲渡するとの遺言を受けていた場合、遺留分との関係で法的な問題が生じます。こうした点からもやはり相続問題が身近な法律問題であるということができます。 また、相続問題は法律問題に限らず多岐にわたる問題を生じます。まず法律に関わる問題で言えば、相続税・贈与税との兼ね合いでも問題が生...

Basic Knowledge当事務所の基礎知識

Lawyer Introduction弁護士紹介

大亀将生弁護士の写真

大亀 将生ŌKAME MASAKI

【大阪弁護士会(登録番号 43461)】

当ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

相続問題、離婚や交通事故などの個人のお悩みから、企業法務のご相談、トラブル解決、労働問題まで、ネットワークを生かした総合サポートの梅田法律事務所に所属する弁護士です。

経歴
  • 岡山県瀬戸内市生まれ
  • 岡山白陵中学校卒業
  • 岡山白陵高等学校卒業
  • 東京大学工学部システム創成学科卒業
  • 慶応義塾大学大学院法務研究科修了
  • 弁護士法人川原総合法律事務所入所
  • 梅田法律事務所入所(パートナー弁護士として)

Office Overview事務所概要

名称 梅田法律事務所 弁護士 大亀 将生(おおかめ まさき)
所属団体 大阪弁護士会(登録番号 43461)
所在地 〒541-0043 大阪府大阪市中央区高麗橋4-5-13 淀屋橋サテライトビル8階802号室
電話番号 / FAX番号 TEL:06-4708-4780 / FAX:06-6202-5501
対応時間

平日:9:00~19:00 ※事前予約で夜間も対応致します。

定休日

土・日・祝 ※事前予約で対応致します。

事務所外観