調停 不調 訴訟

  • 弁護士に離婚の相談するメリット

    法律に関する業務を幅広く扱うことができ、代理人として訴訟や交渉を行うことが認められています。いわば、弁護士は法律と交渉に関するプロフェッショナルなのです。では、弁護士に離婚問題について相談するメリットとは、どういったものがあるでしょうか。ここでは離婚の種類に分けて、弁護士に相談するメリットについてみていきましょう...

  • 養育費の基準と期間について

    協議離婚では、養育費の負担額について夫婦で合意することで自由に決めることができますが、離婚調停や離婚裁判の場合には養育費算定表が一つの基準となるのです。 ■養育費を支払う期間養育費はいつまで支払うべきなのでしょうか。一般的には、子どもが成人するまで養育費の負担義務が発生すると考えられています。しかし、現在は大学な...

  • 離婚裁判とは

    「配偶者が離婚の話し合いに応じないでいるが、離婚訴訟を起こす以外に方法はないのだろうか。「離婚したいと考えているが、そのための裁判費用や時間を考えると、躊躇してしまう。離婚を検討するなかで離婚裁判による離婚を選択肢の一つとしてイメージされ、このようにお悩みの方は決して少なくありません。このページでは、離婚にまつわ...

  • 婚姻費用分担請求について

    婚姻費用分担請求は、協議離婚はもちろん、離婚調停や離婚裁判でもすることができます。しばしば論点となるため、別居中の生活費についても意識することが大切です。 弁護士大亀将生(梅田法律事務所)は大阪市中央区を中心に大阪府で広く活動しており、お悩みをお持ちの方に対し「迅速」「丁寧」「親身」に向き合い、トラブルの解決を目...

  • 離婚調停の進め方

    このページでは、離婚にまつわるさまざまなトラブルのなかでも、離婚調停の進め方についてスポットライトをあてて、くわしくご説明してまいりたいと思います。 ■離婚調停とはそもそも離婚調停がどういった制度なのか、整理しましょう。離婚調停とは、家庭裁判所で行われる離婚にむけた話し合いの場です。話し合いの場とはいえども、話し...

  • 離婚が認められる理由とは

    裁判上の離婚とは、文字通り離婚訴訟を起こし、離婚裁判の判決によって離婚することをさします。この裁判上の離婚をするためには、法律で決められた離婚の理由が必要となるのです。 ■離婚が認められる理由とは正確には離婚が認められる理由ではなく、離婚訴訟を起こすことが認められる理由ですが、これについてみていきましょう。民法第...

  • 離婚の種類

    調停離婚調停離婚とは、家庭裁判所で行われる離婚調停で協議をすすめ、離婚について合意し、成立させる離婚の方法をさします。離婚調停では夫婦の間に調停委員会が入ることで、冷静に自身の主張を伝え、客観的な意見を聞くことができます。相手と顔を合わせることも基本的にはないため、相手からDV(家庭内暴力)を受けている方やモラ...

  • ネット掲示板やSNSの書き込み削除依頼や法的措置

    また、このような悪質な書き込みには法的措置を取り謝罪広告の請求や損害賠償請求のような民事訴訟を行うことや警察、検察に捜査してもらうことで名誉棄損などの罪で刑事訴訟を行うことが可能です。ネット上の書き込みは削除応を行わない限り広がり続けてしまうため早めの対応を行うことが求められます。 梅田法律事務所は、大阪府を中心...

  • 企業法務

    臨床法務とは、訴訟など法的なトラブルが発生した際に対処する企業法務の役割のことをさします。臨床法務の具体的な例としては、顧客や取引先との紛争対応や、倒産した取引先からの債権回収などがあります。・予防法務予防法務とは、企業が法的トラブルに遭うことを未然に防ぐ企業法務の役割のことをさします。予防法務の具体的な例として...

  • 相続問題

    梅田法律事務所では、大阪府を中心に兵庫、京都、滋賀、岡山周辺における相続問題についてのご相談を承っております。 遺言書作成や遺産分割協議、遺産分割調停など、あらゆる相続問題について専門家である弁護士が丁寧にサポートいたします。初回相談無料ですので、お気軽に当事務所までお問い合わせください。

  • 債務整理

    ・特定調停 特定調整は、裁判所の仲裁により元本や利息の減額、返済方法の変更などを行う方法をいいます。 ・個人再生 個人再生は、裁判所に申立てを行い、借金を減額してもらう方法をいいます。個人再生にも「小規模個人再生」と「給与所得者当再生」の2種類があり、それぞれ条件が異なります。 ・自己破産 自己破産は、裁判所に申...

Basic Knowledge当事務所の基礎知識

Lawyer Introduction弁護士紹介

大亀将生弁護士の写真

大亀 将生ŌKAME MASAKI

【大阪弁護士会(登録番号 43461)】

当ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

相続問題、離婚や交通事故などの個人のお悩みから、企業法務のご相談、トラブル解決、労働問題まで、ネットワークを生かした総合サポートの梅田法律事務所に所属する弁護士です。

経歴
  • 岡山県瀬戸内市生まれ
  • 岡山白陵中学校卒業
  • 岡山白陵高等学校卒業
  • 東京大学工学部システム創成学科卒業
  • 慶応義塾大学大学院法務研究科修了
  • 弁護士法人川原総合法律事務所入所
  • 梅田法律事務所入所(パートナー弁護士として)

Office Overview事務所概要

名称 梅田法律事務所 弁護士 大亀 将生(おおかめ まさき)
所属団体 大阪弁護士会(登録番号 43461)
所在地 〒541-0043 大阪府大阪市中央区高麗橋4-5-13 淀屋橋サテライトビル8階802号室
電話番号 / FAX番号 TEL:06-4708-4780 / FAX:06-6202-5501
対応時間

平日:9:00~19:00 ※事前予約で夜間も対応致します。

定休日

土・日・祝 ※事前予約で対応致します。

事務所外観